シワが生まれる場所は2箇所ある

シワが生まれる場所は2箇所あります。それは表皮シワと真皮シワです。表皮は肌の浅い部分で、真皮は肌の深い部分です。では、この2つの違いはどのようなものなのか、比較してみました!

表皮シワと真皮シワを比較!

表皮シワ

表皮シワとは、肌の比較的浅い部分でできるシワのことです。表情を動かした時に目立ったりできたりします。肌の水分量が少なくなり乾燥した時にできます。目元や口元の細かいシワは肌の保湿をしっかり行うことで改善ができます。

真皮シワ

真皮シワは、肌の深い部分でできるシワのことです。この真皮シワは、表皮シワを放置し乾燥が深刻になった状態です。紫外線や乾燥で肌がダメージを受けたままだと、元々あったコラーゲンの量が少なくなり肌の深層までにシワが刻まれてできるのが真皮シワです。

シワができる原因

鏡を見る女性

シワができる原因として、主に加齢が原因なシワと肌のダメージによるシワ、乾燥でできるシワなどがあります。加齢によるシワは、肌のハリが失われ皮膚が垂れ下がってしわができます。肌のダメージでできるシワは、紫外線などで肌が老化し、弾力が落ちてできます。また、乾燥して肌の保水力が低下することでできるシワもあります。なので、肌の水分量が落ちたり老化などで筋肉が衰え弾力がなくなることが主な原因となっています。

予防するために

シワ予防は、スキンケアが大切です。シワの原因は乾燥と肌の老化によるものが多いですから、新しいシワを作らないためにも肌の水分量を保ち紫外線から守るように心がけましょう。特に紫外線を浴びすぎると肌がダメージを受け、老化を早めてしまいます。また、紫外線はシワだけではなくシミなどの原因にもなりますから、日中外出する際はしっかりと日焼け止めを塗ってでかけましょう。スキンケアでは、保湿をしっかり行いましょう。肌がベトつくからと化粧水だけで済ませるのはNGです。水分が蒸散しないための油分も大切ですからクリームなどで肌に膜を作ってあげましょう。

シワの種類を知って対策を練る

今あるシワをどうにかしたい!という方は、シワの種類を知って対策を行いましょう。シワの種類は、乾燥でできる乾燥シワや筋肉の衰えなどでできる表情シワなどがあります。乾燥ジワは、保湿クリームなどでしっかり保湿して気になる箇所はパックなどを集中的に行っていくと良いですよ。また、表情ジワは筋肉の柔軟性を高めることが大切です。表情筋ストレッチやマッサージを行うと良いですよ。ですが間違ったマッサージはシワを増やす原因にもなりますので、注意しましょう。手っ取り早くシワを伸ばして、確実に綺麗になりたい方は美容整形などでボトックスを注射するのがおすすめです。ボトックスは副作用も少なく、安全性も高いので初めての方でも安心して受けることができますよ。

広告募集中